teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 空色の列車 総合案内スレッド(11)
  2. アリスのお茶会(11)
  3. 直訳とスラッシュリーディングの功罪を考えるスレッド(39)
  4. 平成蘭学倶楽部(90)
  5. セーヌ川の畔(155)
  6. A Ritmo Latino(ラテンのリズムに乗って)(9)
  7. シャルロットのお部屋(11)
  8. 第0号スレッド(40)
  9. 海外4都市モード通信(3)
  10. ローマの散歩道(17)
  11. エスペランチストの集会場(26)
  12. グリムのメルヘンラント(7)
スレッド一覧(全12)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:35/415 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

形容詞のattributive useとpredicative use

 投稿者:管理者  投稿日:2019年12月20日(金)10時16分41秒
  通報 返信・引用 編集済
  形容詞を語る時、この2つの用法はごく基本的な事項のはずなのに、簡単だと思われているのか 学校の英語では ほとんど言及されないことが多いです。でも、高校の参考書によっては この2つを「~用法」とは言わずに、attributive useで使われる形容詞を 「付加形容詞」、predicative useで使われる形容詞を 「述語形容詞」と 呼んでいるものもあります。

ところで、マッキーさんのページでは、attributive useを 「形容詞の意味」、そして、predicative useを 「Be動詞の後に置かれた時の意味」として、区別しているようですが、形容詞は Be動詞の後に置かれたら 形容詞の意味がなくなるんでしょうか。
確かに、形容詞の本来の用法は attributive useには違いないんですが、何とも 語弊のある言い方ですね。
それから、tiredが 「形容詞の意味」では “疲れた” なのに 「Be動詞の後に置かれた時の意味」では“疲れている” というように 何とも紛らわしい書き方をしています。この論法で行くと、「ああ、疲れた。」は英語で何て言うんでしょうかね。
こんな覚え方をしていると、英会話では 却って戸惑うはずです。それと、hugryはhungryのスペルミスと思われますが、マッキーさんは 未だに気付かないようです。それに、こんな覚え方では
「ママ、おなかすいたよ。」と英語で言いたい時に ‘ええと、すいたは 過去だから’ なんて余計なことを考えてしまって、“Mom, I'm hungry.” と すっと出てこないと思います。
しかも、マッキーさんは「小学生にもわかる英文法」というチャプターで書いていますが、こんな講釈は 普通の小学生には難しいし、少し利発な子供は むしろ混乱するでしょうね。










http://makki-english.moo.jp/8beverb2.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:35/415 《前のページ | 次のページ》
/415