teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 空色の列車 総合案内スレッド(11)
  2. アリスのお茶会(11)
  3. 直訳とスラッシュリーディングの功罪を考えるスレッド(39)
  4. 平成蘭学倶楽部(90)
  5. セーヌ川の畔(155)
  6. A Ritmo Latino(ラテンのリズムに乗って)(9)
  7. シャルロットのお部屋(11)
  8. 第0号スレッド(40)
  9. 海外4都市モード通信(3)
  10. ローマの散歩道(17)
  11. エスペランチストの集会場(26)
  12. グリムのメルヘンラント(7)
スレッド一覧(全12)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:31/415 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アスペクト

 投稿者:管理者  投稿日:2019年12月25日(水)05時38分43秒
  通報 返信・引用 編集済
  “相”とも呼ばれます。アスペクトに関しては とても複雑で 確立した解釈もありませんが、
かいつまんでお話ししようと思います。

アスペクトという用語は 大学の英語でないと登場しませんが、1つの動詞で表わされる動作や行為が  1回限りなのか、反復されるのか、継続されてるのか などの様々な様態を指します。
そこで、中学の英語で アスペクトに関して最初に触れるのは 進行形だと思われます。
進行形は “時制”の括りで扱われますが、「進行相」というアスペクトで捉えてることもできます。
これは マッキーさんのページ(http://makki-english.moo.jp/2progressiveform.html )でも
≪ 「今まさにしている最中の動作」を表すのが、現在進行形です。また、「過去のある時に、ちょうどしている最中だった動作」を表すのが、過去進行形です。≫
と書かれております。それでは、マッキーさんのページから例文を拾ってみます。

① He is washing the dishes now.
② He was washing the dishes then.

上の文は 現在進行形と過去進行形の文ですね。

次は、進行形でない 現在形と過去形の文です。

③ He washes the dishes everyday.
④ He washed the dishes an hour ago.

これは、ただ 現在進行形と過去進行形、現在形と過去形を並べただけだと思う人も多いかもしれません。でも、それだけじゃないのです。 というのは、↑の①と②は現在と過去の違いはありますが、progressive(進行相)という同じアスペクトなのに対し、③と④は 現在と過去の違いだけでなく、アスペクトまで異なっているのです。 ③は現在形であっても 話者が話している時点で、 「今」、つまり「現在」 皿を洗っているとは 限りません。 一昨日も昨日も今日も 皿を洗うという行為が繰り返されていて、習慣化していることを示しています。これは アスペクトで言うと habitual(習慣相)になります。それに対し、④は 皿を洗う 1回の行為が終わったという terminative(終止相)になります。ここでややこしいのは、③は 学校の英語では「彼は毎日 皿を洗います。」と訳すのが模範的なのに対し、日常会話では
「彼は毎日 皿を洗っている。」と言うことが多いことです。 これでは ただの現在形と現在進行形を混同しそうですね。
さて、ここで 習慣相の過去を表わす場合は どうするかと言うと、多くは used to~(would~)を用います。

⑤ He used to wash disehs everyday.

また、英語の動詞には 通常 進行形の形を取らないものもあります。
以下、マッキーさんのページ(http://makki-english.moo.jp/5relativepronoun2.html )からの引用です。

≪I have a friend who lives in China.

=I have a friend living in China. 私は中国に住んでいる友達が1人います。
←1人の友達を持っています/中国に住んでいる。 ←liveは普通、進行形の形をとらないので、分詞から関係代名詞を使った文への書き換えの時は注意!≫

でも、“普通、 進行形の形の取らない”動詞に関しては 進行形の項目で knowとか wantとかを挙げておくべきなんですけどね。 学校の英語では それらを「状態動詞」と呼ぶこともありますが、これは アスペクトで 言うと  stative(状態相)になります。

アスペクトは その他にも色々あるんですが、ここら辺で止めておきます。
最後に、アスペクトって意識しなくても 英語を使っているうち 的確に表現できるようになるものです。
しかし、マッキーさんが しきりに推奨する 学校の文法と直訳中心の方法で覚えると、英語が得意そうな生徒でさえも
「どこ 行くの?」
を 違和感なく
“Where do you go?”
と英訳してしまいがちです。
現在進行形を使った文でも  日常会話では “Where are you going?”は “ What are you doing?”
と並んで 高頻度で登場するはずなのですが、goの現在進行形に関しては、マッキーさんのページでは 「③進行形の特別な用法(高校範囲)」の「近い未来を表す進行形」の項目で  “ He is going to Hong Kong tomorrow.(彼は明日、香港に行くことになっています。)” という例文を挙げているにすぎません。

ちなみに、参考URLにある 子供向けの英語学習の動画は 現在進行形がテーマですが、“Where are you going?”が真っ先に出て来ます。


https://www.youtube.com/watch?v=KKpmytQ8Qqc

 
 
》記事一覧表示

新着順:31/415 《前のページ | 次のページ》
/415