• [0]
  • Hablemos inglés.

  • 投稿者:Siete-Once
  • 投稿日:2020年 8月15日(土)11時33分24秒
 
主に英語に関するテーマを扱います。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [10]
  • スラッシュリーディング①

  • 投稿者:ヤロスラワ・デグチャリョーワ
  • 投稿日:2021年 8月 1日(日)17時28分56秒
  • 返信
 
英文を読む手法の1つにスラッシュリーディングがあります。
スラッシュリーディングをしきりに勧める人もおりますが、果たして有効な方法でしょうか?

  • [9]
  • マッキー式英語学習Ⅶ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 7月14日(水)17時32分16秒
  • 編集済
  • 返信
 
マッキーさんは英語力に関して、独特な解釈をしています。
以下、引用です。


≪中学生であろうと大学受験生であろうと、英文和訳の直訳のできる生徒は、概して英語力が高いです。長文読解問題の点数が高いかどうかは、関係ありません。たまに、英語力がないのに、国語力だけで長文読解問題の点数が高い生徒もいるからです。逆に、読解問題の点数が低くても、英語力はそこそこ高い生徒もいます。全部英文直訳ができるのに、内容を理解できない生徒がいましたが、これは、英語力がないのではなく、国語力がないために起きるとわかりました。ただし、そのような生徒でも、大学の、自分の研究分野に関するむずかしい英語の論文は理解できるようです。国語力だけで英文を理解している生徒には、できないことと思われます。≫


えっ? 英文和訳の直訳ができても、長文読解問題の点数が低ければ、英語力が高いとは言えないだろ? 英語力がなければ、国語力だけで長文読解問題の点数は稼げないだろ。読解問題の点数が低ければ、英語力がそこそこ高いとは言えないだろ?
全部英文直訳ができるのに、内容を理解できなければ、意味がないだろ?大学の、自分の研究分野に関するむずかしい英語の論文を理解するには、英語力だけでなく、その分野の知識が必要だろ?
マッキーさんの解釈だと、英文和訳の直訳までが英語力で、その直訳を理解するのが国語力なのだろうか?
しかし、受験生にとっては マッキーさんの基準で英語力が高くても 何の意味もないのです。

このトピックは一応、これで終わります。



http://makki-english.moo.jp/contentfirst2opinion1.html


  • [8]
  • マッキー式英語学習Ⅵ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月29日(火)11時13分52秒
  • 編集済
  • 返信
 
日常的よく使う表現ほど 直訳しにくいことがあります。例えば、“Here we go!”とか “What a shame!”などです。でも、マッキーさんの方法だと
、それぞれ「ここに私達は行く」とか「何と言う恥」というような 日本語を考えてから、これを英語に直訳するんでしょうか。

マッキーさんは直訳に異常な拘りを持っていますが、直訳であろうと意訳であろうと、和訳には違いないわけです。

それと、マッキーさんが軽視しているのは コンテキストです。コンテキストは英語を話す上でも非常に重要な要素なのですが、マッキーさんは一文一文を取り出しして分析することに徹しています。

  • [7]
  • マッキー式英語学習Ⅴ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月28日(月)16時49分10秒
  • 編集済
  • 返信
 
マッキーさんの方法だと“It rains a lot here in June.”という文なら、「6月には、ここではたくさん、雨が降ります。」と、そして、“We have a lot of rain in June.”という文なら、「私達は6月にたくさんの雨を持っています。」と、直訳します。そこで、「こちらでは、6月は雨が多いです。」というように、日本語として変な文を マッキーさんが「意訳」と呼んでいる 日本語として一般的な和文に直すことを「正文化」または「整文化」と呼ぶことにします。ここで、マッキーさんは 「正文化」のプロセスを省くことによって、時間をなるべくかけずに 速読を目指しています。そして、この「直訳」を元の英文に戻すことに 殊の外 重点を置いています。私は このように 対になる作業をペアにして練習するスタイルを「往復ドリル」と呼んでいます。
それでは、英作文はどうするかというと、英訳しやすい和文を考えます。この場合だと、「6月には、ここではたくさん、雨が降ります。」と「私達は6月にたくさんの雨を持っています。」の2つです。ただ、最初の文は 日本語として変ではありませんが、2番目の文を起こすには 「正文化」とは逆の作業になります。私は これを「デフォルメ」と呼んでいます。しかし、日頃、「正文化」のプロセスを省いておきながら、いざ、その反対の「デフォルメ」がスムーズにできるかは甚だ疑問です。


  • [6]
  • マッキー式英語学習Ⅳ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月25日(金)09時15分16秒
  • 編集済
  • 返信
 
英作文の練習として、複数の英文を考えるのも勉強の1つです。
しかし、それよりは 基本的な単語を使いこなす練習をした方が効果的です。例えば haveだったら、次のような例文を覚えます。

I have 10 dollars.
I have an English class today.
This house has 5 rooms.
Have sweet dreams.
She is having lunch.

ここで大事なのは、haveの訳し方よりも使い方です。そして、haveが使われるシチェーションを思い浮かべ、イメージをつかむことです。
ところが、マッキーさんの方法だと、すべて haveを「持っている」と訳し、訳文を反訳するということに力を入れています。
次回は この方法の欠点について考えてみようと思います。


  • [5]
  • マッキー式英語学習Ⅲ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月24日(木)09時32分38秒
  • 返信
 
マッキーさんは Ⅱの引用の部分で、「和文英訳で、2.①の英文は日本語を直訳した英語で、思いつきやすいと思いますが、2.②の英文はどうでしょう。」と書いていますが、「6月には、ここではたくさん、雨が降ります。」がマッキーさんのいう直訳になるには 元の英文は“In June the rain falls a lot here.”になるはずですし、①の文をマッキーさんのいう直訳をすれば、「これは ここで6月にたくさん降雨する。」となるはずです。ちなみに、「こちらでは、6月は雨が多いです。」を英語にマッキーさんのいう直訳すれば、“Here in June the rain is plentiful.”になるでしょうけど、こんな英文が浮かぶ人は少ないでしょう。

そもそも、最初に日本語の文を考えて、その日本語の文から英文を起こすという発想がよくないですね。


  • [4]
  • マッキー式英語学習Ⅱ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月22日(火)11時52分5秒
  • 編集済
  • 返信
 
今はまだ 6月で雨が多いですね。
さて、マッキーさんのメソッドで象徴的な技法(?)は何と言っても “We have a lot of rain in June.”という英文を 「私達は6月にたくさんの雨を持っています。」と訳すことでしょう。以下、マッキーさんのページからの引用です。

≪1.「こちらでは、6月は雨が多いです。」

2.①It rains a lot here in June.
   ↑主語S=it/日本語に訳さないit, 動詞V=rains, a lot=副詞)
 ②We have a lot of rain in June.
   ↑主語S=we, 動詞V=have, rain=名詞

3.①6月には、ここではたくさん、雨が降ります。
 ②私達は6月にたくさんの雨を持っています。

和文英訳で、2.①の英文は日本語を直訳した英語で、思いつきやすいと思いますが、2.②の英文はどうでしょう。haveを辞書で引くと「~がある」という意味も載っていますが、weと合わせて使う表現は、慣れないとむずかしいと思います。3.②「私達は雨を持っている」なんて、日本語として変ですが、haveの深い意味を使った英語らしい言い回しです。
 初めのうちは3.②のように直訳しておくと、「We have rain.」という、英語らしい英文が、すぐに頭に浮かぶようになると思います。≫

〈引用終了〉

それで、先程の訳文を 音声翻訳機にかけると“We have a lot of candies in June.”というふうに訳されます。そう、「雨」を「飴」だと認識するんですよね。まあ、わざわざ 音声翻訳機にかけるまでもなく、小学生に このマッキーさんの訳を聞かせたら 10人中10人が
「あめ」とは「飴」のことだと思いますよ。マッキーさんは このような訳し方を“直訳”と呼んでいますが、日本語として正しくないものは≪誤訳≫にすぎません。
そこで、私は このように日本語の語法を度外視して 英文を滑稽に逐語訳することを「雨飴訳法」または「レイン・キャンディー」と名付けました。

http://makki-english.moo.jp/1howtotranslate.html


  • [3]
  • マッキー式英語学習Ⅰ

  • 投稿者:レフチャンドル
  • 投稿日:2021年 6月17日(木)06時57分47秒
  • 編集済
  • 返信
 
マッキーさんと言う 英語の学習サイトを開設している人がおります。かなり英語を熱心に勉強されているようですが、大学は出ていないようです。
このトピックでは マッキーさんの学習法について検証していきたいと思います。

http://makki-english.moo.jp/


  • [2]
  • 直訳と英会話

  • 投稿者:ディエーチ・クワットロ
  • 投稿日:2020年11月 3日(火)17時17分12秒
  • 返信
 
英会話をするのに、一々直訳していたら話が繋がらなくなりますよね。

  • [1]
  • 小学校からの英語教育は必要か?

  • 投稿者:ディエーチ・クワットロ
  • 投稿日:2020年10月10日(土)11時01分54秒
  • 編集済
  • 返信
 
今年度から小学3年生からの英語教育が必修化しましたが、果たして必要なのでしょうか? 先ず、小学生に英語を教えられる人材が大幅に不足しています。


レンタル掲示板