• [0]
  • セーヌ川の畔

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 2月 7日(木)21時54分35秒
 
Parlons le français!
フランスと言えば、世界のファッションをリードする国です。
また、フランス語はフランス以外でも多くの国で話されております。
それに何より、フランス語は英語よりもシックで美しい言語です。
そこで、フランス語の好きな皆さん、パリのカフェテラスでカフェオーレを片手に
寛いでいる姿を思い浮かべながら、フランス語について語り合いましょう。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [156]
  • Ghosn s'est évadé au Liban.

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2020年 1月 3日(金)08時48分54秒
  • 編集済
  • 返信
 
カルロス・ゴーンがレバノンに逃亡しましたね。
日本はレバノンにゴーンの身柄引き渡しを要求するそうですが、レバノンが要求に応じる可能性は限りなくゼロに近いです。
何でもそうですが、人でも国でも言うことを聞かせるには 力で脅すか、カネやモノで釣るしかないのは 誰だって分かること。
日本はレバノンにゴーンの身柄引き渡しを要求するそうですが、レバノンが要求に応じる可能性は限りなくゼロに近いです。
何でもそうですが、人でも国でも言うことを聞かせるには 力で脅すか、カネやモノで釣るしかないのは 誰だって分かること。
さて、ゴーンの逃亡先のレバノンの首都、ベイルートは 中東のパリとも言われ、美しい町です。また、レバノンは フランス語も通じやすいので、ゴーンは言葉の面でも不自由することはないでしょう。


L’évasion de Carlos Ghosn était planifiée depuis des semaines

L’objectif de son entourage était de l’aider à atteindre un pays où il se trouverait dans un environnement judiciaire moins hostile

La fuite de Carlos Ghosn du Japon vers le Liban est intervenue après des semaines de planification par ses proches. Elle avait pour objectif d’amener l’ancien dirigeant de l’industrie automobile dans un pays qui, selon eux, lui offrirait un environnement judiciaire plus favorable pour répondre aux accusations de malversations financières portées contre lui, selon des personnes bien informées sur le dossier.

Le week-end dernier, une équipe réunie pour procéder à son exfiltration a mis son plan à exécution avec l’aide de complices au Japon, selon l’une de ces personnes. M. Ghosn a été transporté de son domicile de Tokyo, où il était en résidence surveillé à la suite d’une décision de justice, à un jet privé ayant pour destination la Turquie. M. Ghosn a ensuite poursuivi son voyage en avion vers le Liban, où il a atterri tôt lundi matin, selon des sources bien informées. Il y a retrouvé sa femme, Carole Ghosn, qui a joué un rôle majeur dans l’opération, selon ces mêmes sources.

Dans un SMS adressé au Wall Street Journal, Mme Ghosn décrit les retrouvailles avec son mari comme ≪ le plus beau cadeau de [sa] vie ≫.

Le plan de M. Ghosn, affirme l’une de ces sources bien informées, est de se disculper en demandant à avoir un procès au Liban, la patrie de ses ancêtres où il est considéré comme une sorte de héros national. Les avocats de M. Ghosn estiment qu’en vertu de la loi libanaise, les procureurs de ce pays pourraient travailler avec leurs homologues japonais afin de porter l’affaire devant les tribunaux ? mais dans des conditions que M. Ghosn considère comme plus favorables que celles dont ils bénéficiaient au Japon, selon cette même source.

Les procureurs japonais n’ont pas encore fait de commentaires sur son départ, mais ils avaient précédemment défendu le système...



https://www.lopinion.fr/edition/wsj/l-evasion-carlos-ghosn-etait-planifiee-semaines-207382


  • [155]
  • Joyeux Noël!

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年12月24日(火)09時55分18秒
  • 編集済
  • 返信
 
今日は ヴェイユ・ドゥ・ノエルですね。
みなさんは、どのようにして過ごしますか?
恋人と? 友達と? 家族と? もしかして、1人で?
それとも、今晩は仕事かな?




https://www.dailymotion.com/video/x51hhpq


  • [154]
  • Noël Blanc

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年12月20日(金)11時10分25秒
  • 編集済
  • 返信
 
もうすぐ、クリスマスイブですね。
巷では クリスマスソングが流れていますが、この時期になると 中学や高校の英語の授業でも クリスマスソングを歌うことも多いと思いますが、中でも ホワイトクリスマスは定番の1つですね、
そして、この ホワイトクリスマスのフランス語バージョンが ノエルブランですね。私が大学1年生の時、フランス語の講義でも 中学や高校の英語の授業のように歌ったりはしませんでしたが、カセットテープで曲を聞いた後、 講師が歌詞の解釈をしていたのを覚えています。


Oh ! quand j'entends chanter Noël
J'aime revoir mes joies d'enfant
Le sapin scintillant, la neige d'argent
Noël mon beau rêve blanc


Oh ! quand j'entends sonner au ciel
L'heure où le bon vieillard descend
Je revois tes yeux clairs, Maman
Et je songe à d'autres Noëls blancs

La nuit est pleine de chants joyeux
Le bois craque dans le feu
La table est déjà garnie
Tout est prêt pour mes amis
Et j'attends l'heure où ils vont venir
En écoutant tous mes souvenirs

Oh ! quand j'entends chanter Noël
J'aime revoir mes joies d'enfant
Le sapin scintillant, la neige d'argent
Noël mon beau rêve blanc

Oh ! quand j'entends sonner au ciel

https://www.youtube.com/watch?v=fXuwgTWdV8o


  • [153]
  • Faux anglicisme

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年11月24日(日)10時14分24秒
  • 編集済
  • 返信
 
日本語には沢山の和製英語があるように、フランス語にも少なからず
仏製英語(?)があります。有名なのは footingでしょうか。
他には pullとかbasketなどがありますね。
ですから、例えば フランス語で“J'ai acheté une paire de basket.”と言っても basketは籠のことではありません。






https://fr.wiktionary.org/wiki/Annexe:Faux_anglicisme


  • [152]
  • 私とフランス語#15

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年11月16日(土)12時11分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
結婚してからもフランスには 子供を連れて 何度か行きました。フランス人の友人や知人も できましたし、Skypeで会話もしたりしています。また、家では TV5mondeもよく見ています。また、欧明社から フランスの雑誌を買って読んだり、Amazon.frからもフランスのDVDやその他 食料品や日用品も購入しています。
ですから、フランス語は私にとっては とっても馴染みのある外国語です。
でも、私が最初に憧れた外国はイギリスで、小学生から英語を習っていて、コナンドイルとH.G.ウェルズが小さい頃から大好きだったので 英語のペーパーバックもかなり読みました。また、いくら フランスが身近と言っても 普段の生活では 英語の方が使う機会が多いです。また、身の回りの外国人には 中国人や韓国人も多く、中国語や韓国語も少し学習しました。


やはり、外国語って 日常生活で使う機会が少ないと 習得は難しいと思います。英語ですら、漠然と 明確な目的もなく ただ 英語が話せれば楽しい というだけでは なかなか身に付きません。
ちなみに、日本では一昔前は 第2外国語として フランス語と並んで重視されたドイツ語ですが、私は ドイツやドイツ語には 殆ど縁がないので 馴染みが薄いです。ただ、フランスに留学した時、TGVで乗り合わせた人に“D'où venez-vous?” 聞いた時に “Je viens de l'Allemagne.”という答えが返って来て、別れ際に “Auf Wiedersehen” と言ったら、向こうも““Auf Wiedersehen”と返して来たのを覚えています。


余談ですが、マッキーさんは イタリアに旅行したことがあるそうですが、イタリア語を話せれば もっと旅行も楽しいはずなのに イタリア語を学習するほどのモチベーションにはならなかったようです。また、英語を熱心に勉強している割には 英語圏の文化への関心もあまり高くないようですが、それが マッキーさんの英語に粋を感じられない大きな要因の1つように思えます。

このトピックは これで終わります。


https://blog.goo.ne.jp/makki-english/c/0cece6dea793b976c9a91177e6d7e975


  • [151]
  • 私とフランス語#14

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年11月12日(火)05時49分35秒
  • 返信
 
私はフランスで日本人女性とアパルトマンで一緒に暮らしていたわけですが、私の方が ビザの関係で 1年早く帰国することになりました。それで、彼女が帰国するのを待ち、結婚することになりました。
そして、新婚旅行はタヒチに行きました。選択のポイントとしては、ハワイは いかにも日本人のお誂え向きで ベタすぎてつまらないし、フランスはお互い滞在している時に二人で観光地巡りもしたので、フランス語の通じるところで、治安も良く、ロマンチックなところという観点で選びました。ニューカレドニアも選択肢にあったんですが、私たちと同じように
フランスで知り合って結婚したカップルから タヒチの話を聞いて、タヒチに決めました。そのカップルは ゴーギャンが大好きだったのが決め手のようでした。そして、ニューカレドニアには 子供ができてから家族で行く時の楽しみということにしました。


  • [150]
  • 私とフランス語#13

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年11月 7日(木)06時27分28秒
  • 編集済
  • 返信
 
フランスでの留学生活は楽しかったですが、もちろん、色んな戸惑いや苦労もありました。
日本食の店もあり、日本で買うよりも かなり割高でしたが、大抵のものは揃っていたので 有難かったですね。

それと、フランスで驚いたのが、テレビを見ていたら「Creamy(クリーミーマミ)」という日本のアニメを放送していたことです。懐かしいというか、新鮮というか 不思議な気分でした。日本にいたら、こんな女の子向けのアニメなんか殆ど見ないんですが、この時ばかりは見入りました。
フランスでも日本のアニメは人気が高いらしく、その他には 「Candy(キャンディーキャンディー)」とかも放送していました。







  • [149]
  • 私とフランス語#12

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年11月 2日(土)07時02分52秒
  • 返信
 
フランスに留学して、最初の1年余りは 叔母の家にホームステイしました。ちょっと がっかりしたのは、叔母の娘の妹の方の同級生とは会えなかったことです。それでも、現地で 同じくフランスに留学している日本人の女性と知り合いになり、パリの1区で 日本人が多く住んでいる地区のアパルトマンを借り、一緒に暮らすようになりました。二人とも日本にいたら、たとえ 知り合いになっても 一緒に暮らすことは なかったかもしれません。





  • [148]
  • Re: Complétez la phrase anglaise suivante.

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年10月30日(水)22時17分3秒
  • 返信
 
>>147

この場合は"younger"。"little"の叙述用法には様々な制約があって、この場合、
形容詞比較級"less"は使えなくなるか、少なくとも使いにくい。アメリカ英語で
は"littler"を使う人も多いが、規範文法では正しくない。

  • [147]
  • Complétez la phrase anglaise suivante.

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月30日(水)21時01分15秒
  • 編集済
  • 返信
 
She is (  )  than my daughter.
     (Elle est plus petite que ma fille.)

Choisissez le plus approprié parmi les cinq mots ci-dessous.

① le
ss ② shorter ③ slighter ④ smaller ⑤ younger





  • [146]
  • 私とフランス語#11

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月29日(火)11時53分22秒
  • 編集済
  • 返信
 
こうして、私は3年生の時に 仏検1級を取得しました。ちなみに、英検は大学卒業後になりました。そして、大学を卒業すると、私は フランスに3年間留学し、フランス語を含め、服飾や料理など フランスの文化を学習しました。
そうして、フランスは私にとって とても馴染みの深い国になりました。
次回はフランスに留学した時の詳細について書きます。

  • [145]
  • 私とフランス語#10

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月25日(金)14時38分30秒
  • 返信
 
私は大学入学前に仏検2級を取得していたので、大学でのフランス語の講義は欠伸が出るほど退屈でした。それでも、大学では 中学、高校の英語の時よりも文法と訳読をキッチリ勉強しました。これまで、英語にしろ フランス語にしろ 感覚的に理解してきた部分が大きかったからです。長い文は区切って、直訳したりして、丁度 マッキーさんの英語の学習法に近かったです。でも、中学、高校の時、フランス語教室で習った時に比べると、味気がありませんでした。
それで、私が独習で行ったのは francophone向けの英語の教材での 英語の復習です。anglophone向けのフランス語の教材は中学、高校の時に使っていたので、今度は それの逆パターンというわけです。アシミルの教材なんですが、私が使っていた anglophone向けのフランス語の教材よりも 文法の説明も詳しく体系的に編纂されていました。フランス語の視点から英語を見直すのも ある意味新鮮でしたし、フランス語の運用力も向上したような気がします。



https://www.youtube.com/watch?v=4RPGZgkb1tA


  • [144]
  • 私とフランス語#9

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月22日(火)10時00分6秒
  • 編集済
  • 返信
 
大学の第2外国語の選択に迷う学生って少なくないかと思います。
私の大学(学部)では、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語からの選択でした。私は迷わず フランス語を選択しました。当時はドイツ語とフランス語を選択する学生が多く、次いで 中国語で スペイン語とロシア語は人気がありませんでした。また、私の大学(学部)は 男子の方が全体の5割強で 若干多かったんですが、フランス語を選択した学生は だいたい 3:7の割合で圧倒的に女子が多かったです。ちなみに、ドイツ語は ほぼ 8:2の比率で 女子で選択する学生は少数派でした。そして、中国語は 男子の方が少し多くで、スペイン語はよく覚えていなくて、ロシア語は とにかく少なく、男子が数人と女子が1人だけでした。


  • [143]
  • 私とフランス語#8

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月19日(土)11時21分39秒
  • 返信
 
そうして、私は 叔母の娘の妹の方とも仲良くなり、フランス語で会話する格好の相手を得ることができました。私も 叔母の娘の妹の方に日本語や漢字などを教えたりしました。そして、高校を卒業するまでに 仏検2級を取得しました。
  それから、私は大学に入りした。叔母の娘の妹の方は 私が1年生の時、
7月にはフランスに帰国しました。






  • [142]
  • 私とフランス語#7

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月15日(火)10時40分49秒
  • 返信
 
私の家は千葉県のM市で下宿屋をやっており、外国人も置いたことがあるので、小さい頃から 外国人と英語を話す機会もありました。
ところで、叔母の娘の妹の方は母親の母国である日本にも非常に強い関心があり、collègeを卒業後、Lycée français international de Tokyoの高等教育科に入学することになっていました。それで、その学校は私の家からは電車でも通いやすかったので、私の家に下宿することになりました。叔母の娘の妹の方はもちろん、私とは いとこ同士になるので、あまりトキメキませんでしたが、いとこに日仏のハーフの女の子がいるとうので ちょっとした自慢でもありました。
それで、高1の時、フランスの叔母の家に行った時、その子と一緒に日本に帰ってきました。私としても フランス語を覚える絶好の機会でした。









  • [141]
  • フランス語の未来時制

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月15日(火)07時27分33秒
  • 返信
 
>>https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t1/39
>例えば、フランス語の"aimer"の未来時制は、
  イタリア語やスペイン語の未来時制はラテン語の活用から引き継いでいますが、フランス語の場合は infinitif+avoirの形に取って代わられたらしいです。1人称と2人称複数の au-の部分だけ落ちていますね。







  • [140]
  • 私とフランス語#6

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月11日(金)11時56分24秒
  • 返信
 
そして、私はとうとう1人でフランスに行きました。空港には叔母と娘たちが私を迎えに来ていました。3年ぶりのフランス渡航です。
3年前に母と一緒に行った時は約1週間の滞在でしたが、今度は3週間の滞在です。もちろん、叔母の娘の妹の方の同級生の友達と再会できました。夏休みに入る前に、仏検3級を取っていたので、簡単な会話はできるとようになっていました。
この3週間の滞在で、フランス語も少し上達したようです。何より、実際にフランスで
何人とも会話したので、自信にも繋がりましたし、また、フランス語だけでなく、外国人とのコミュニケーションのコツも学んだ貴重な体験でした。叔母はパリに住んでいたんですが、リヨンにも連れていってもらい、とても楽しかったです。
そうして、私はフランスとフランス語が大好きになりました。




  • [139]
  • Re: 双数概念

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年10月 7日(月)01時11分24秒
  • 返信
 
>>137
> >>https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/688
> >フランス語には双数概念がないので、"on both sides"と"on either side"が実質的にほぼ同じ意味を持つことは、フランス人にとって理解しにくい。
>   フランス語には 日本語の「両方」にピッタリする訳語がないとは感じていました。たしかに、これは、日本人が英語を覚える上で、発音以外の面での数少ないアドバンテージの1つですね。フランス語だと sur les deux côtésとしか言いようがありませんよね。deuxは unとtroisの間の数であって、双数ではありませんからね。でも、フランス語にも paireという単語もあるわけだし、満更 双数概念がないとは言えないかもしれません。

双数概念は"paire"のような集合名詞で生じるのではなく、単数、双数、複数の
それぞれを異なる形で扱うことで生じます。

英語と日本語には単数、双数、複数があります。

all = すべて = tous; toutes

both = 両方 = (なし)

any = どれも = (なし。chaqueやtout/touteを充てる)

either = どちらも = (なし)

フランスの高校生の英語の宿題を手伝うと、双数で多くの生徒が躓くことが分か
ります。

  • [138]
  • 私とフランス語#5

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月 6日(日)07時20分28秒
  • 返信
 
そうして、私は中2からフランス語教室に通いました。グループレッスンでした。前から通っていた英語塾は中学生と高校生しかいませんでしたが、フランス語教室は社会人の人とも知り合いになれて刺激になれましたし、英語塾よりも楽しかったです。フランス語教室は それから高3まで続けます。
さて、高1の夏休み、私は1人でフランスに行くことになりました。
叔母の娘の妹の方の同級生の友達と再会するのが楽しみでした。


  • [137]
  • 双数概念

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月 2日(水)18時23分3秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/688
>フランス語には双数概念がないので、"on both sides"と"on either side"が実質的にほぼ同じ意味を持つことは、フランス人にとって理解しにくい。
  フランス語には 日本語の「両方」にピッタリする訳語がないとは感じていました。たしかに、これは、日本人が英語を覚える上で、発音以外の面での数少ないアドバンテージの1つですね。フランス語だと sur les deux côtésとしか言いようがありませんよね。deuxは unとtroisの間の数であって、双数ではありませんからね。でも、フランス語にも paireという単語もあるわけだし、満更 双数概念がないとは言えないかもしれません。


  • [136]
  • 私とフランス語#4

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年10月 2日(水)04時18分11秒
  • 返信
 
そこで私は父にフランス語も習いたいと言いました。既にお話ししたように、私は既に小6で英検3級を取っていて、もちろん、英語は得意科目でしたので、私がフランス語を習うのに特に反対理由もなく、むしろ賛成的でした。それで、父は私が中学2年生になったら、フランス語を習わせてやる と約束してくれました。そして、それまでは 英語圏の子供向けのフランス語の教材などでフランス語を覚えていました。




  • [135]
  • 私とフランス語#3

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月28日(土)17時16分27秒
  • 返信
 
私がフランス語に興味を持ったきっかけですが、私の叔母がフランス留学中に地元の男性と知り合い結婚したので、フランスは小さい時から割と馴染みある国でした。叔母たち夫婦はフランスに住んでいて、娘が2人いました。姉の方は私より3つ年上で、妹の方は1つ年下でした。その姉妹は日仏のバイリンガルでした。叔母が娘たちを連れて日本に帰って来た時、フランスのお土産をもらったり、フランスのことを色々聴いて フランスという国に興味を持つようになりました。

さて、私が中1の夏休み、私は母と 伯母のいるフランスに旅行しました。それで、叔母の娘の妹の方は collègeのsixièmeでした。そこで、
叔母の娘の妹の方の同級生の友達と知り合いになりました。
もちろん、私は当時は英語は少しは話せたものの、フランス語は
"Je m'appelle~" とか挨拶程度しか知りませんでした。そこで、叔母の娘の妹の方に通訳してもらいながら、その同級生のお友達とお話ししました。
私は その同級生のお友達と仲よくなりたいと思い、それで フランス語を習ってみたくなりました。




  • [134]
  • (無題)

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月28日(土)14時40分39秒
  • 返信
 
> >日本人男性にお勧めの外国語と言えば、何と言ってもフランス語です。
> フランス語は昔から女性に人気の高い外国語ですけどね。

はい。しかし、女性学習者の想像の中のフランスと、現実のフランスの間には、
しばしば大きな乖離があります。フランスで生きていくつもりならば、日本人女
性は大きく変わらなければなりません。

フランス人女性はとっても凛々しい。

フランス人女性は日曜大工(brico)が半端なく上手な人が多くて、簡単な家具く
らいは自作します。配管工やポンプ技師のような職種にも、女性が進出していま
す。

フランス人男性は概して避妊に無頓着なので、これは基本的に女性が何とかする
ことになっています。経口避妊薬が激安で売られていて、1ヵ月に1ユーロちょっ
としかかかりません。早い子は中学生から避妊薬を飲んでいます。

フランス人女性は子育てが大好きです。一方、日本人女性の大部分は子育てが嫌
いです。

  • [133]
  • 近頃のフランス語事情

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月28日(土)07時24分49秒
  • 返信
 
日本人男性にお勧めの外国語と言えば、何と言ってもフランス語です。

スペイン語ほどではありませんが、フランス語も話者数が大きい言語です。フラ
ンス、スイス、ベルギーなどヨーロッパのいくつかの国で話されていて、モロッ
コやアフリカでも第1外国語として学ぶ人が多いのです。

フランス語圏で日本語を学ぶ人はとても多く、フランス語を学ぶ日本人は慢性的
に不足しています。オフラインとオンラインを合わせて、私には200人くらいフ
ランス語の話し相手がいます。そのうち、140人くらいが10代後半から20代前半
の女性です。某国の王女殿下もいます。フランス語圏では、外国語を学ぶなら、
異性から学びたいという人が多いようです。

フランス語はなかなか発音が難しい言語ですが、学習意欲を維持するのはとても
容易なのです。
管理人
>日本人男性にお勧めの外国語と言えば、何と言ってもフランス語です。
フランス語は昔から女性に人気の高い外国語ですけどね。

>フランス語はなかなか発音が難しい言語ですが、学習意欲を維持するのはとても
容易なのです。
英語よりは易しいと思います。あの マッキーさんでさえ、フランス語を習っていれば、英語よりは
いくらかマシな発音が出来たかもしれません。

  • [132]
  • 私とフランス語#2

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月24日(火)06時49分31秒
  • 編集済
  • 返信
 
そんなわけで、私は中2からフランス語を習い始めたわけですが、やはり ある程度成長し、思春期だったこともあり、英語の時よりもワクワク感がありました。また、英語はみんなが勉強しているけれど、みんなが知らない外国語を勉強しているというので 優越感もありました。
次回は フランス語との出会いについて詳しくお話ししようと思います。


  • [131]
  • Re: 私とフランス語#1

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月20日(金)22時05分29秒
  • 返信
 
>>130
> >>129
> > 高校1年生の時、NHKのフランス語講座を視聴し始めました。アメリカの高校に転
> > 校した後、交際相手が英仏バイリンガルだったことがあり、うまく覚えることが
> > できました。
> <DIV>
> NHKの語学講座で英語以外の外国語を始める人も多いですね。でも、ア
> メリカでもNHKの放送は視聴できたということですよね。私もドイツ語を学習
> する時に NHKの語学講座を使いましたが、テレビの講座は ほんの触りだけで
> すよね。
> あと、交際相手というのは ルイジアナ州とかメーン州の人でしょうか?

高校1年生のころはまだ日本にいましたよ。交際相手はカナダ人を父とし、アメ
リカ人を母とする人でした。彼女は英語を普通の人の3倍くらいの速さで話して
いましたが、フランス語ではそこまで早口ではなかったので、私がフランス語を
覚えればよいと思ったのです。

  • [130]
  • Re: 私とフランス語#1

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月19日(木)16時22分49秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>129
> 高校1年生の時、NHKのフランス語講座を視聴し始めました。アメリカの高校に転
> 校した後、交際相手が英仏バイリンガルだったことがあり、うまく覚えることが
> できました。

NHKの語学講座で英語以外の外国語を始める人も多いですね。でも、アメリカでもNHKの放送は視聴できたということですよね。私もドイツ語を学習する時に NHKの語学講座を使いましたが、テレビの講座は ほんの触りだけですよね。
あと、交際相手というのは ルイジアナ州とかメーン州の人でしょうか?





  • [129]
  • Re: 私とフランス語#1

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月19日(木)15時14分4秒
  • 返信
 
>>128
> みなさんは フランス語はいつから習い始めましたか?
> 私は中2からです。すでに 英語は小3頃から始めていて、小6の時、英検3級を取っていたので入りやすかったです。

高校1年生の時、NHKのフランス語講座を視聴し始めました。アメリカの高校に転
校した後、交際相手が英仏バイリンガルだったことがあり、うまく覚えることが
できました。

  • [128]
  • 私とフランス語#1

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月19日(木)10時36分50秒
  • 返信
 
みなさんは フランス語はいつから習い始めましたか?
私は中2からです。すでに 英語は小3頃から始めていて、小6の時、英検3級を取っていたので入りやすかったです。
私の中学は私立で、お稽古事や塾に通っている生徒が多く、部活動はあまり盛んでありませんでした。それで、私は中2から、英語塾は週2回、フランス語教室も週2回通っていました。
  

  • [127]
  • フランス語は世界一美しい言語?#4

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月15日(日)07時05分9秒
  • 返信
 
それから、フランス語がスペイン語やイタリア語と違うのは、フランス語には リエゾンやアンシェヌマンが多いので 滑らかに音が繋がっているような感じがします。

余談ですが、私はギリシャ語も美しいと思います。スペイン語やイタリア語とも少し響きが似ていますが、ロシア語にも少し似ています。

最後に、どの言語が美しいかというのは 好みの問題もあるので、どれが一番とは言えないと思います。フランス語の場合は あの響きがあまり好きでない という人もおります。このトピックはこれで終わります。


  • [126]
  • Re: 仮説一つ

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月11日(水)21時47分50秒
  • 返信
 
>>125
> >>123
> > 摩擦音の後に母音がない音節が多い言語は、美し
> > いと見なされにくい。
> >
> > ドイツ語には"ich""doch""jetzt"など、摩擦音の
> > 後に母音がない音節が多い。
>
>   これは ロシア語にも当てはまり、流麗さよりも きびきびした凛々しさと言
> えると思います。でも、これも私の主観かもしれませんが、ロシア語はドイツ
> 語よりも美しく感じます。

https://www.lyricsworld.ru/lyrics/Zastolnyie-pesni/Podmoskovnyie-vechera-45582.html

『モスクワ郊外の夕べ』です。摩擦音の後に母音がない音節はドイツ語より少な
いと思われませんか? この曲では、単語の大多数が母音で終わっています。

摩擦音はとても高い周波数域にあり、保続可能なので目立ちます。後に母音がな
ければ、かなり耳障りになることがあるかもしれません。ロシア語にはあまりそ
ういう音韻パターンがなさそうです。
管理人
こちらにレスを書いておきました。

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/13203/1554009587/19

  • [125]
  • Re: 仮説一つ

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月11日(水)09時30分15秒
  • 返信
 
>>123
> 摩擦音の後に母音がない音節が多い言語は、美し
> いと見なされにくい。
>
> ドイツ語には"ich""doch""jetzt"など、摩擦音の
> 後に母音がない音節が多い。
  これは ロシア語にも当てはまり、流麗さよりも きびきびした凛々しさと言えると思います。でも、これも私の主観かもしれませんが、ロシア語はドイツ語よりも美しく感じます。



https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/13203/1554009587/18


  • [124]
  • Re: 仮説一つ

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月10日(火)23時23分51秒
  • 返信
 
>>123
> 摩擦音の後に母音がない音節が多い言語は、美し
> いと見なされにくい。
>
> ドイツ語には"ich""doch""jetzt"など、摩擦音の
> 後に母音がない音節が多い。

スペイン語では"los""las"など、摩擦音の後に母
音がない音節が結構ある。

フランス語にも、"finisse"のようなものがある
が、"-ss-"の後に任意の曖昧母音を置ける。つま
り、伝達に必要な水準を超えて美しく話すことが
できる。

  • [123]
  • 仮説一つ

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月10日(火)09時44分8秒
  • 返信
 
摩擦音の後に母音がない音節が多い言語は、美し
いと見なされにくい。

ドイツ語には"ich""doch""jetzt"など、摩擦音の
後に母音がない音節が多い。

  • [122]
  • (無題)

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月 9日(月)10時01分2秒
  • 返信
 
>>121
> 更に比較を進めると、ゲルマニック諸語はアクセントの位置がまちまちですが、
> イタリック諸語は ほぼアクセントの位置が決まっています。いずれの言語も
> 各音節ごとの音の上がり下がりがなく、音の張り一定しています。そして、こ
> の特徴が イタリック諸語がゲルマニック諸語よりも軽快な感じがする理由か
> もしれません。

可能性はゼロじゃないんですが、イタリック諸語でアクセントの位置がより規則
的でも、単語の長さは一定やそれに近いということもないので、やや主観的な意
見であろうと思います。

> また、スペイン語やイタリア語は avant-dernierの位置にアクセントが置かれ
> ることが多いですが、フランス語は必ず最後の位置にアクセントが置かれます。

フランス語では、文末を除けば、という条件があります。複数の音節で構成され
ている単語が文末にあれば、強制は1つ前に移動します。

Je ne comprends pas. ... "-rends"に強勢があります。

Je comprends. ... "comp-"に強勢があります。

フランス語の単語の弁別は強勢に依存していないので、話者は強勢を移動させ、
文末を明示できます。

> それで、スペイン語とイタリア語は音の響きも似ていますが、スペイン語の方
> が各母音が短い傾向にあるので、歯切れのいい感じがします。一方、イタリア
> 語は各母音がスペイン語よりも長い傾向にあるので、ややゆったりとして優雅
> な感じがします。フランス語はその中間です。ただ、フランス語はスペイン語
> やイタリア語ともかなり違った響きがありますが、これは先程も書いたように
> 最後の音節にアクセントが置かれることと、鼻母音が非常に多いことが、あの
> フランス語独特の響きを特徴づけています。

フランス語の鼻母音は4種類で、パリ方言では1つ減っていて3種類です。一方、
ポルトガルでは基本5種類で、二重鼻母音を含めれば10種類です。鼻母音が美し
いならば、ポルトガル語はフランス語よりずっと美しい。
管理人
>単語の長さは一定やそれに近いということもないので、やや主観的な意
見であろうと思います。
私もうまく説明できないんですが、ゲルマニック諸語はイタリック諸語に比べて音の強弱の
波が複雑だと思うんですよ。

>鼻母音が美し
いならば、ポルトガル語はフランス語よりずっと美しい。
鼻母音が必ずしも美しさの要素だとは思いませんが、ポルトガル語の響きも好きですね。

  • [121]
  • フランス語は世界一美しい言語?#3

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月 7日(土)06時45分33秒
  • 返信
 
更に比較を進めると、ゲルマニック諸語はアクセントの位置がまちまちですが、イタリック諸語は ほぼアクセントの位置が決まっています。いずれの言語も各音節ごとの音の上がり下がりがなく、音の張り一定しています。そして、この特徴が イタリック諸語がゲルマニック諸語よりも軽快な感じがする理由かもしれません。また、スペイン語やイタリア語は avant-dernierの位置にアクセントが置かれることが多いですが、フランス語は必ず最後の位置にアクセントが置かれます。それで、スペイン語とイタリア語は音の響きも似ていますが、スペイン語の方が各母音が短い傾向にあるので、歯切れのいい感じがします。一方、イタリア語は各母音がスペイン語よりも長い傾向にあるので、ややゆったりとして優雅な感じがします。フランス語はその中間です。ただ、フランス語はスペイン語やイタリア語ともかなり違った響きがありますが、これは先程も書いたように最後の音節にアクセントが置かれることと、鼻母音が非常に多いことが、あのフランス語独特の響きを特徴づけています。

  • [120]
  • (無題)

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月 3日(火)15時30分58秒
  • 返信
 
イタリア語のほうが子音連続は少なくなる。

§ラテン語で子音 + /l/ + 母音であったものが、子音 + /i/ + 母音になる例が
多い。

(fr) fleur
(es) flor
(it) fiore

§他のイタリック諸語では子音連続となっているもののかなりの部分が、イタリ
ア語では長子音になることが少なくない。

(fr) acte
(es) acto
(it) atto

(fr) correct
(es) correcta
(it) corretta

§子音の欠落も多い。

(fr) étoile ... "-oi-"は[wa]なので、[tw]という子音連続がある。
(es) estrella ... 子音3連続。
(it) stella

  • [119]
  • Re: フランス語は世界一美しい言語?#2

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 9月 3日(火)12時59分7秒
  • 返信
 
>>118
>  フランス語だけでなく、イタリア語やスペイン語などのラテン系の言語は美しいと言われることが多いです。それでは ラテン系の言語は 英語やドイツ語などのゲルマン系の言語と音韻的にどう違うのでしょうか?
> 単純な比較では ゲルマン系の言語の方が子音が連続することが多く、
> diphthongueも多い傾向にあります。全般的に ラテン系の言語の方が 口を大
> きく開ける音が多く、ゲルマン系の言語は ややゴモゴモした音が多いような
> 気がします。

ゲルマニック諸語では確かに子音の連続が多くあります。英語の「strength」が
典型例で、子音5つと母音1つで音節1つを構成しています。

子音の連続が少ないということならば、イタリック諸語ではイタリア語が突出し
ています。子音の連続が少ないことが美しいのならば、フランス語はイタリック
諸語ではあまり美しくない部類に入ります。

当然、この基準なら、日本語はイタリア語より美しい。

> また、ラテン系の言語は メロディアスなのに対し、ゲルマン系の言語は リズ
> ミカルな要素が強いと言えるかもしれません。そして、これは気候的な要因も
> あるかもしれません。

フランス語もイタリア語も強弱アクセント言語で、音高の変化を伴うことがあっ
ても、それは主体ではありません。旋律的な特性ならば、強弱高低アクセントを
もつスウェーデン語やノルウェー語のほうが強くありましょう。

管理人
>子音の連続が少ないということならば、イタリック諸語ではイタリア語が突出し
ています。
スペイン語の方が子音の連続は少ないはずです。


>旋律的な特性ならば、強弱高低アクセントを
もつスウェーデン語やノルウェー語のほうが強くありましょう。
その点では、ロシア語の方が美しいと思います。


  • [118]
  • フランス語は世界一美しい言語?#2

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 9月 3日(火)09時43分39秒
  • 返信
 
フランス語だけでなく、イタリア語やスペイン語などのラテン系の言語は美しいと言われることが多いです。それでは ラテン系の言語は 英語やドイツ語などのゲルマン系の言語と音韻的にどう違うのでしょうか?
単純な比較では ゲルマン系の言語の方が子音が連続することが多く、diphthongueも多い傾向にあります。全般的に ラテン系の言語の方が 口を大きく開ける音が多く、ゲルマン系の言語は ややゴモゴモした音が多いような気がします。また、ラテン系の言語は メロディアスなのに対し、ゲルマン系の言語は リズミカルな要素が強いと言えるかもしれません。
そして、これは気候的な要因もあるかもしれません。


  • [117]
  • Re: フランス語は世界一美しい言語?#1

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 8月30日(金)12時14分59秒
  • 返信
 
>>116確かに 私もフランス語は英語よりも美しいとは思いますが、果たして世界
> 一美しいのか、次回は他の言語とも比較して考えてみようと思います。

美しさは主観の入ることなので、客観的な結論は出ない。

音韻については、フランス人にも、イタリア語のほうが美しいという人がいる。
フランス語の典型的な/r/は美しいとされず、オペラではイタリア語の/r/を使う
のが今も普通だ。

文法については、機能美を語ることができるかもしれない。

未来を法助動詞で表す英語に比べ、未来も接続も時制で表せるフランス語は美し
いと考えることもできる。しかし、過去については、フランス語は本来の過去時
制を失いつつあり、相を代用しているのだから、英語ほど美しくない。

綴りはフランス語のほうが圧倒的に美しい。正書法改革が行われなかった英語で
は、発音と綴りの乖離が醜い。

代名詞では英語が美しい。全ての代名詞が独立した所有格を持っている。
管理者
>美しさは主観の入ることなので、客観的な結論は出ない。
客観的な意見も取り入れつつ、あくまで私の主観で話を進めようと思います。
ただ、 オランダ語が美しい というのは 殆ど聞いたことがありません。

>音韻については、フランス人にも、イタリア語のほうが美しいという人がいる。
イタリア語の方が hiatusを回避していますからね。

  • [116]
  • フランス語は世界一美しい言語?#1

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月30日(金)09時39分28秒
  • 返信
 
フランス人は よく フランス語は世界で最も美しい言語だと自慢しています。
確かに 私もフランス語は英語よりも美しいとは思いますが、果たして世界一美しいのか、次回は他の言語とも比較して考えてみようと思います。

  • [115]
  • フランス文学

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月27日(火)05時39分42秒
  • 編集済
  • 返信
 
フランスと言えば、文学の盛んな国ですね。隣のスペインは目ぼしい作家はセルバンテスくらいしかいないのに、フランス人の作家は カミュ、ジッド、サルトル、バルザック、サガン と枚挙に暇がありません。邦訳されたフランス文学の作品数は ドイツ文学とロシア文学の作品数を合わせた数よりも多いし、昭和時代には 英米文学の作品数に匹敵するほどでした。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Litt%C3%A9rature_fran%C3%A7aise


  • [114]
  • 仏和辞典

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月24日(土)07時20分7秒
  • 編集済
  • 返信
 
フランス語を学び始めて、先ず最初にお世話になるのが 仏和辞典ではないでしょうか? フランス語は英語と違って みんなが学習する外国語ではないし、数ある外国語の中からフランス語を選んだという意識が多少なりとも ある人が多いかと思います。それだけに、辞書との出会いにも思い入れがあったりします。私は仏和辞典だけでも、何冊も揃えましたが、お気に入りの3冊をご紹介します。

先ず、最初に使ったのが クラウン仏和辞典です。版を重ねていますが、初版から愛用しています。それから、中級以上で最も実用的なのが、ロワイヤル仏和辞典です。クラウン仏和辞典では物足りないけど、スタンダード仏和辞典は古くさかったので、待ちに待った1冊でした。

それと、プログレッシブ仏和辞典は グレードはクラウン仏和辞典と同じくらいですが、レイアウトが見やすく、これからフランス語を始める方にはお勧めの1冊です。

  • [113]
  • (無題)

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 8月22日(木)07時47分58秒
  • 返信
 
> ちょっと話は逸れますが、AssimilのLe Japonaisの紹介に
> ≪Le japonais est la deuxième langue la plus traduite dans l’espace francophone après l’anglais. ・・・・・≫
> と書かれてあったのには少し驚きました。

フランスでは印象は美術の時代からずっと日本ブームが続いているんです。でも、
日本人はほとんど日本語でしか情報発信をしませんから、翻訳ものは増え続けて
ます。

比べると、現在のドイツ人は英語で著作する人も少なくない。デンマーク人とな
ると、著作の大半は英語です。

スペイン人やイタリア人は英語で著作する人が少ないんですが、スペイン語やイ
タリア語の著作物は、多くのフランス人の関心事ではないようです。似すぎてい
るのでしょう。韓国と日本の間でも、翻訳ものが増えてきたのは比較的最近です。
管理人
> フランスでは印象は美術の時代からずっと日本ブームが続いているんです。
やはり、アニメやマンガの影響が大きいかと思うんですよ。日本のマンガを取っても
英訳されていないけれど、仏訳されている作品も数多くあります。英語圏でも 日本のマンガのファンの中には
日本語は難しすぎるというので 仏訳版を読んでいる人もいるかもしれません。

  • [112]
  • Re: Assimil

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 8月20日(火)16時08分9秒
  • 返信
 
>>111
> 日本では 色んな外国語を学べる入門書では  大学書林の四週間シリーズと 白
> 水社のニューエクスプレスシリーズが有名ですね。でも、前者は文章が古く、
> 会話を主眼に置いていないし、後者は内容的に薄っぺらい という欠点があり
> ます。また、英語圏では Teach Yourselfが有名ですが、文法的な説明が少な
> すぎるので 歯痒さを感じますね。

『四週間』シリーズは学者向け。ドイツ語の専門家がフランス語を学ぼうとする
際などに役に立つように書かれている。言語の専門家はよく使う表現なら容易に
意味を推測し、記憶できるから、なかなか手が届きにくいあまり使われない表現
を説明する書籍を好む。

しかし、近頃、NHKから『これならわかる』シリーズが出てきて、『四週間』シ
リーズの地位は危ういかも。

>  さて、フランスには Assimilという語学書の出版社があって、そこの Sans
> Peineシリーズは なかなかの優れものです。会話を中心に編纂されていますが、
> 社会や文学の文章も扱っていて かなり充実しています。

フランス人が日本語を学ぶときの定番の一つ。ピンスラーが合わな
い人にも向いる。
管理者
>フランス人が日本語を学ぶときの定番の一つ。ピンスラーが合わな
い人にも向いる。
ちょっと話は逸れますが、AssimilのLe Japonaisの紹介に
≪Le japonais est la deuxième langue la plus traduite dans l’espace francophone après l’anglais. ・・・・・≫
と書かれてあったのには少し驚きました。

https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t1/25


私は このシリーズで10ヵ国語余り勉強しました。でも、フランス語なり、英語なり、
マッキーさんの方法で逐一スラッシュリーディングで和訳しているレベルでは使えませんからね。

  • [111]
  • Assimil

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月20日(火)11時21分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
日本では 色んな外国語を学べる入門書では  大学書林の四週間シリーズと 白水社のニューエクスプレスシリーズが有名ですね。でも、前者は文章が古く、会話を主眼に置いていないし、後者は内容的に薄っぺらい という欠点があります。また、英語圏では Teach Yourselfが有名ですが、
文法的な説明が少なすぎるので 歯痒さを感じますね。
さて、フランスには Assimilという語学書の出版社があって、そこの Sans Peineシリーズは なかなかの優れものです。会話を中心に編纂されていますが、社会や文学の文章も扱っていて かなり充実しています。
また、anglophone向けのバージョン(言語は限られていますが)もありますので、英語はマスターしたけど、フランス語はまだの人にもお勧めです。
ただ、このシリーズの難点は 各レッスン毎に 新出単語がリストアップされていないことです。







https://www.assimil.com/


  • [110]
  • 欧明社

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月16日(金)06時56分57秒
  • 返信
 
今では 中国語と韓国語に押されていますが、昔は フランス語とドイツ語は第2外国語の定番として、対照的なイメージにありながら 似たような位置付けにありました。
さて、ドイツ語ですが、ドイツ語書籍の専門店だった ゲーテ書房が閉店してから数年経ちますが、フランス語書籍の専門店である 欧明社は今でも健在です。やはり、フランス語はドイツ語よりも 女性を中心に趣味で学習している人が多いことと、在日ドイツ人よりも在日フランス人の方が多いことなど ドイツ語よりもフランス語の方が人気と需要が高いからでしょう。
それで、フランス語の学習者なら 欧明社を利用された方も多いかと思います。  

http://www.omeisha.com/


  • [109]
  • Le Robert & Cle International

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月11日(日)07時22分9秒
  • 編集済
  • 返信
 
フランス語も英語と同じで、ある程度上達したら、1ヶ国語辞典の使用が望ましいです。しかし、Le Petit Robertのような いきなり本格的な仏仏辞典を使うと 確実に挫折します。そこで、お勧めなのが、英語のロングマン英英辞典のように 外国人の学習者向けに編纂された Le Robert & Cle Internationalです。ただ、少々ガサばるかもしれません。
また、Le Robert Junior illustréもフランスの小学生向けですが、イラストもあり、コンパクトで使いやすいです。HechetteやLarousseでも 似たような辞書を出しています。

    

https://www.amazon.co.jp/Dictionnaire-Robert-Cle-International-Rey-Debove/dp/2090339993


  • [108]
  • ブリュッセル

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2019年 8月 7日(水)08時36分46秒
  • 返信
 
ブリュッセルと言えば、ベルギーの首都ですね。ベルギーはご存知のように フランス語とオランダ語を公用語としています。そして、言語境界線の北側ではオランダ語が話され、南側ではフランス語が話されているわけですが、ブリュッセルは言語境界の北側に位置するものの 住民の8割がフランス語を話しています。そして、ブリュッセルには かの有名な 小便小僧の像があります。




https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t2/58


  • [107]
  • (無題)

  • 投稿者:Choihen2001
  • 投稿日:2019年 8月 6日(火)11時34分5秒
  • 返信
 
> 英語は屈折語よりも 中国語やタイ語のような孤立語に近づいているような気
> がします。

その通り。英語から時制がなくなれば、孤立語(分析語)になります。

言語は抱合語から、膠着語と屈折語を経て、分析語へと形態変化していきます。
思考効率を犠牲にして、伝達効率を上げるためなのです。

英語は分析語になりつつあり、日本語は屈折語に向けて最初の一歩を踏み出して
います。
管理者
こちらにレスを書いておきました。

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/13203/1554080165/14


レンタル掲示板