正心調息法ネットワーク

正心調息法ネットワークは、塩谷信男医学博士が提唱する健康呼吸法「正心調息法」を、 博士の考えに基づき組織を作らない形での普及活動を行っています。 この掲示板は正心調息法ネットワークの活動に関するお知らせ、 同呼吸法に関する質問や回答用に設置していますが、 体験談、講習会の感想、近況等についても気軽に書き込んでください。 なお第一次掲示板のアクセス数は約112,000件。 第二次掲示板のアクセス数は約64,000件。 当掲示板は新たに0からの出発です。



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


94件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[96] つれづれなるままに…32

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月30日(土)12時13分44秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

貼付した画像は「百事如意テスト」と名付けて、講習会資料としてほんの一時期使用したもの。
自分でも上手く位置付けができなくて、2回か3回くらいしか使ってない気がします。

「別に成績への影響は全く有りません」と書いて有るのは、
ある大学の講義の一環として呼吸法の説明をした時の学生向けのコメントが、そのまま残っていますね。
配慮が行き届いているような、いないような(笑)。

これは人間にはできない、と思う項目にチェックを入れる、という形式にしましたが、
ここに上げた項目は全て人間にできること。
実は「できない」ことを上手に紛れ込ませることができなかった結果でですが。

最後の方に書いて有る
「全盲の方がマウンテンバイクで山道を自分の力だけで下ることが出来る。」という項目。
「最新脳科学でわかった五感の脅威」という本で知って、感心しました。

「エコロケーション」と言う方法で、それが可能になる。
この「エコ」は「エコロジー」ではなく「エコー」の方です。
ご存知の蝙蝠はこの方法で動いているのは周知かと。

人間の場合はどうするのかと言うと、
口から吸着音を出して、それに対して返ってくる音を聞いて、
障害物の存在や路上の状況を判断できるのだそうです。
「吸着音」と書いて有るのでそのものではないかもですが、「舌打ち」をイメージすれば感じはわかるかと。

人間だけでなく生物の持つ可能性と言うのは、やはり無限大なのでは思わせてくれる話でした。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/




[95] つれづれなるままに…31

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月30日(土)10時43分42秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

写真は今年1月6日の東京スカイツリー。
「あと200日」って、なんのことでしたっけ?(笑)

以前、まだmixiが元気な頃、正心調息法のコミュニティにこんな書き込みが有りました。
塩谷博士が亡くなった後だったように覚えています。
正確な文章も新呼吸法の名称もうろ覚えでは有ります。

*******************
正心調息法の改良版を考えたので、「真」正心調息法と言う名前にして普及しても良いのか。
***************************

判断に困る質問でしたが、次のように答えました。

**********************************
私自身は、正心調息法をできるだけ正確に伝えていくのが基本。
なので正心調息法をどのように伝えるのかで精一杯。
そして塩谷博士を越えようとも越えられるとも思っていないので、
新たな呼吸法を立ち上げることは考えていない。
***************************************************

質問に真っ直ぐに答えようとすると、余程上手く答えないと「不届き者」的な言い方になりがち。
それを避けるために上記の答えにしました。
以降、それ以上のやり取りにはなりませんでした。

今でしたら、どうでしょう、「お好きにどうぞ」って言えるかな?
ただ、自身が改良した呼吸法に自信が有るのなら、
敢えて「正心調息法」という名称に絡めなくともいいのでは、という気はします。

とはいうものの、突然天啓が閃いてしまったら、〇〇とか称して私が新しい呼吸法を立ち上げる、
なんてことも有り得ないことでは有りません。
まあ、その可能性はほとんどないとは思いますが(笑)。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[94] つれづれなるままに…30

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月27日(水)11時57分37秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

写真は今年2月2日に表参道近辺で撮ったもの。
想像力を多少無理矢理(笑)に豊かにすると、観音様の立ち姿にも見えませんでしょうか。

塩谷博士の著書「自在力」にこんな文が有ります。

***************************
脳細胞の寿命は二十年。二〇歳で成長を止めて以降は、
一日約十万個というものすごいスピードで減り続けます。
***********************************

「脳細胞の寿命は二十年」という表現が適切かは疑問ですが、
言わんとするところは「脳細胞数は20歳で完成する」、
それ以降は脳細胞は減っていくだけ、ということです。

でも、その後の研究により、減る一方ではないということも分かってきているようです。
大分前から「脳細胞の可塑性」というのが言われています。
可塑性と言うのは再生も可能ということです。

例えば、脳梗塞で倒れ右腕が動かなくなった。
一般的には右腕を動かす指令を出す脳のAという部位が破壊されたため、と思われがちです。
Aという部位が破壊された以上、もう右腕は動かない。

でも右腕が動かなくなる本当の原因は、「動かない」ということを学習してしまうからだそうです。
動かそうとしても動かないので、やはりもう動かないんだと学んでしまう。

右腕が動かなくなった人に、三角巾などを使って、
動かせる左腕を固定して使えないようにして、とにかく右腕を使うようにする。
そうすると徐々に右腕を動かせるようになってくる。

脳で何が起きているのでしょう。
Aという部位は壊れていて再生は不可。
ですが、動かそうと意志することによって、
Aの周辺の細胞が右腕を動かすための新たな連結を作り始める、ということのようです。

ここでも「思うこと」の重要性が確かめられますね。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[93] つれづれなるままに…29

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月26日(火)11時39分46秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

昨日は所用で出ていてPCを開けませんでした。
写真は我が家の「箱庭」最後の彩り、南天の蕾。
秋深くなると真っ赤な実を着けて冬の間を彩ってくれます。

前回は、四十肩で腕が上がらない人でも、
催眠術をかけられると普通に上がってしまう、という私が本で知った話を紹介しました。

次は有る方にその話を紹介したら、教えてくれた話。

私は身体が固くて、脚も開かないし、開脚前屈も極めて不得手。
同じように身体の固い人でも、
催眠術をかけられると脚は開くし、胸も床についてしまうらしいとのこと。

自分の身体の固さから考えると信じ難いですが、
機会が有れば試させてもらって、証拠写真を撮ってもらいたいものだと思ってます。

でも事実だとすれば、人間の心の問題と言うのは、
病だけでなく、様々な肉体的な問題にも関わっている、ということになってきます。

やはり呼吸法なり瞑想法等を日頃から取り入れて、心を穏やかな状態にしておくということは、
本質的に大切なことだと思えてきます。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[92] つれづれなるままに…28

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月24日(日)11時42分14秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

写真は物干の鉢に勝手に咲いてるブライダルベール。
正式名称はタヒチアンブライダルベールだとか。
我がスマホでは上手く撮れないのでネットから無断借用。

前回紹介した子供に肩こりがない理由。
『無駄な動きが多いから』っていうのは、本質的で、解決の方向を示すヒントです。

今般の大人は、特にデスクワークが主体になったり、家電の進歩で家事が楽になったり、という流れ中で、
結果的に身体のある部分だけを使いがち、ということでしょう。

だから本来は日頃やらないような無駄な動きを心掛ければいいとうことです。
ただし「無駄な動き」を意識的にやろうとすると意外と難しいものです。
なので例えば腰痛体操とかも必要になってくるのでしょう。

肩こりについては五代目柳家こさん師匠の言が有ります。
元々剣道をやられていたようですが、「1日に30回ほど素振りやれば肩こりになんかならない」
要するに腕を上下する運動が肩こり予防になる、っていうことです。

私はり肩こりの経験はあまり有りませんが、それでもパソコン作業が続くと首筋が張ってきます。
そんな時はエア素振りするとだいぶ改善します。

肩こりにも心の問題が関わるらしい、という話も有ります。
以前読んだ催眠術関係の本に有った四十肩の患者さんの話。
例えば肩が痛くて右腕が上がらないという症状。
この方に催眠術をかけると、問題なく上がってしまう。

どうやら、「素面」の時に手を上げようとすると、その時点で痛みを予測して筋肉が固まってしまうらしい。
催眠術をかけられてその予測が発動しないと、筋肉は固まらないので手は上がる、という流れらしい。

人間の心の持ち方っていうのはとても厄介なようです。
今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/




[91] つれづれなるままに…27

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月23日(土)16時40分45秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

写真は私の好きな苧環(おだまき)。
「ハナノナ」というスマホを花にかざすだけで、その名前を教えてくれる無料ソフトを利用中。
パソコン画面にかざしたらどうかと思ってやってみたら、「ブルーコロンバイン」と出てきてビックリ。
ググってみたら苧環で問題ありませんでした。

前回紹介した「腰痛は歩いて治す」。
心療整形外科の谷川浩隆医師の著書です。
私も腰痛とか肩こりは動かなければ治らない、と常日頃思ってますので興味を持って読みました。

*****************
今では腰痛、肩こり、関節痛などに心理的な要因が関係していると考えることは、
整形外科医の間でも当たり前のことになっています。  ※同書P13より
*******************************

以前とはお医者さんたちもだいぶスタンスが変わってきているようです。

なにかで読んだんですが、慢性的腰痛には心理的な要因が絡んでいるとわかってから、
あまり評判のよくない抗鬱薬を処方する医者がいる、と聞いて随分と短絡的だな思ったことが有ります。

この本には、慢性的腰痛に抗鬱薬を処方するのは、鬱病対策ではなく、
「痛みを止める」という作用が実際に有るからだ、と書かれています。
だとすれば痛みが有る程度収まるまでは使ってみる、というのも有効ではないかと思います。

腰痛に限らず、身体を動かした方が良い、という面で最近気に入っている言葉が有ります。
「子供にはなぜ肩こりがないのか」に対してのテレビに出ていた医師の方の答え。

『子供には無駄な動きが多いから』

とても本質を突いた言葉です。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[90] つれづれなるままに…26

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月22日(金)11時40分28秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

塩谷博士の著書に出てくる話です。
20年来の慢性的腰痛に悩んでいた男性。
ありとあらゆる手法を試したのだけれど直らない。
ある時、博士の著書を読んで、正心調息法をやってみた。
そしたら一発で治ってしまって本人もビックリ。
またぶり返すのでは、と身構えていたけど戻らなかった。

慢性的な腰痛に関しては、正心調息法一発で治る、って言うのは有り得るのでは、と考えています。
最近では慢性的腰痛も心の問題と関わっていることが言われるようになりました。
いわゆる心身症との関係です。

その話に最初に接したのは「腰痛は怒りである」という本。
「怒り」を解放するワーク等を実践することで、腰痛は改善していく、という指摘。

関連で読んだのが「腰痛放浪記~椅子がこわい」という本。
「Wの悲劇」等で知られる直木賞作家の夏樹静子さんが書いた慢性的腰痛とその治療についての体験記。
心療内科での治癒体験記として有名な有名な本のようです。

最近読んだ「腰痛は歩いて治す」でも、「怒り」が腰痛に影響を及ぼす、という話も出てきます。

慢性的腰痛に心の問題が関わっているのであれば、正心調息法でそれが治るということは充分有り得る。
なにかと言えば、慢性的腰痛を引き起こしている心理的なブロックが外れてしまえばいいことになります。
もちろん心理的ブロックが外れれば良い訳ですから、正心調息法以外の方法でもいいはずでしょう。
でも先述の男性には正心調息法が上手く嵌った、ということだと思います。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[89] つれづれなるままに…25

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月21日(木)12時02分40秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

さて今日の「つれづれ」は上手く伝えられるかに不安を抱えながらの書き込みです。
これも「魂の再発見」から。

ルルドの泉を含む「聖地」と呼ばれる世界各地に有る。
ある研究所がそこで起こった自然治癒のデータを分析。
860冊の医学専門誌と3000件以上の論文を綿密に調査した。
その結果、自然治癒は頻繁に制していること、
そしてそれが発現する場合に、下記のような推定される要因があることがわかった。

***************************
「非局在モード」と単純に「正しいこと」が行われるように
求めるだけの「非指示的アプローチ」が回復に重要な役割を演じている
******************************

重い病を抱えている人は、当然では有るけれど、
「今、ここにいる自分」を何とかしたい、と考えがち。
つまり「今、ここにいる自分」という局在的な存在に焦点を当てててしまう。
そこからどう離れることができるか。

抱えている病に対して「指示的」に治癒を願うのではなく、
いわば「起こるべきことが起こる」ように願うこと。

平ったく言ってしまうと、なにがなんでも治りたいと強く願うことよりも、
全てを何かに委ねるというようなアプローチの方が自然治癒を発現させやすい、
ということになります。

正心調息法では「強く願えば叶う」としていますが、
時と場合によっては少し力を抜いてみるのも一つのやり方とも思っています。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[88] つれづれなるままに…24

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月20日(水)11時19分7秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

「つれづれに」書いてみたら、自分の言いたいことがだいぶわかってきました(苦笑)。

プラシーボ反応について、上手く説明できない部分が有ってもどかしかったのですが、
前述との繰り返しになりますが、次の2点ですね。

医師たちが「それはプラシーボ」と言ってしまう時に切り捨てられるもの。

①治ったという事実
②誰にでも起こり得る可能性

①については、「それはプラシーボ」だから「治った訳ではない」とはさすがに言えないでしょう。

②については、ある患者さんが代替療法等々で完治した時、
「たまたまですよ」言われるのはそうかも知れません。
でもなぜその患者さんにだけ「たまたま」効果が出たのかの説明になってはいない。
なぜその患者さんにだけ効果が出たのかの証明ができない。
とすれば、他の方にも起こり得る可能性は残ります。

以前紹介した「魂の再発見」という本で紹介されている事例。
経緯が詳しく書かれていますが、概要だけ紹介します。

1960年代前半、中年イタリア人の左臀部に腫瘍ができた。
検査の結果、上皮性の悪性腫瘍で進行性の致命的癌であることが判明。
一年後にはその患者さんは重症化が進行し、
腰と骨盤の支持構造も癌によって破壊され、足が身体からもぎ取られそうな状況に。

食事もとれないような重篤な状態でルルドの泉に行き、ギブスを着けたまま何度か聖水を浴びた。
すると彼の力が甦り、食事ができるようになり体重も回復。
聖水を浴びてから2ヵ月のうちに腫瘍は消え、
さらには腰と骨盤の支持構造となる骨も復活し始め、ついには完全に復活を遂げた。

まさに特別な例であることは間違いないでしょうが、
現代医学の知識では考えられないことが現実に起き得るということになります。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/



[87] つれづれなるままに…23

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月19日(火)10時50分47秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

公式サイトの「体験談」のコーナーにこう書きました。

***************************
他人の体験談が如何に奇跡的な出来事に思えても、
それは各自が自分にも起こし得る出来事である。
*************************************

プラシーボ反応も同じだと考えます。
前回も書きましたが、「それはプラセボ、思い込み」と言って切り捨てる意味は、
「たまたまのこと。誰にでも起こることではない」ということなのでしょう。
でもそれは手術や施薬でも「誰にでも有効」ということを意味している訳では有りません。

ホリスティック医学でアンドルー・ワイル博士は著書「人はなぜ治るのか」でこんなことを書いています。

『外科手術は最も現代的な活性プラシーボ』

手術が有効と思われているのは、強烈な手法であり、医師が有効性を信じているからだと指摘しています。
少し強引に意訳してしまうと、
手術が有効なのは医師も患者もそうすれば治ると信じているから、ということです。

「誰にでも起こることではない」と言われたら、それはその通りと認めてもいいとは思います。
では「その人にしか起きなかったことのか」と考えてみたら、どうなりますでしょう。
「他の人には起こり得ない」と断言できる根拠を果たして提示できるでしょうか。

今の所、プラシーボ反応を確実に発現させる手法はわからないようです。
でもその可能性については心に留めておいた方がいいのではないでしょうか。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/


レンタル掲示板
94件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.