正心調息法ネットワーク

正心調息法ネットワークは、塩谷信男医学博士が提唱する健康呼吸法「正心調息法」を、 博士の考えに基づき組織を作らない形での普及活動を行っています。 この掲示板は正心調息法ネットワークの活動に関するお知らせ、 同呼吸法に関する質問や回答用に設置していますが、 体験談、講習会の感想、近況等についても気軽に書き込んでください。 なお第一次掲示板のアクセス数は約112,000件。 第二次掲示板のアクセス数は約64,000件。 当掲示板は新たに0からの出発です。



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


新着順:103/167


[67] つれづれなるままに…6

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 4月28日(火)11時11分40秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

正心調息法講習会を立ち上げるのに、あまり考えすぎない方がいいとは思います。
とは言え、そう簡単ではないことも事実。

一番はどうやって受講者を集めるのかですね。
もちろん正心調息法ネットワーク公式サイトでの告知協力は問題なくできます。
が、20年近くやっている私の所でもなかなか集まらないので、効果の程はわかりません。
ただ講習会が「点」ではなく広がって「面」になってくると、
相乗効果が出てくるかもしれません。

出張講習会でも、
開催地に中心となる方が一人でもおられると広がり方が違います。
その方に講習会情報が届けば期待はできます。
潜在的な需要はかなりあるのではと思ってますが、
今の私のやり方ではそこにピンポイントには届かない。

それと本人のモチベーションも課題。
誰かからの申し込みを受けて開催するのは、もちろん問題なくできるでしょう。
ただ毎月1回とか、定例的に設定する場合は根性がいります。
ご自宅等でそれなりのスペースが確保できるならともかく、
公共施設等を利用するとなれば経費が発生します。
最低限、施設利用料と交通費。

私の場合は、都内、全国も合わせて経費をカバーできて、
活動が継続できれば良し、としています。
でも、そのレベルで誰もがモチベーション維持が可能かは、なんとも言えません。

私が都内、全国での講習会かろうじて続けているのは、
一度中断してしまうと、再開するにはそれまで以上のパワーが必要になるからです。


なんか、ちょっと話がまとまりなくなってきているような。
そんな気がしてきましたので、今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/


新着順:103/167


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.