正心調息法ネットワーク

正心調息法ネットワークは、塩谷信男医学博士が提唱する健康呼吸法「正心調息法」を、 博士の考えに基づき組織を作らない形での普及活動を行っています。 この掲示板は正心調息法ネットワークの活動に関するお知らせ、 同呼吸法に関する質問や回答用に設置していますが、 体験談、講習会の感想、近況等についても気軽に書き込んでください。 なお第一次掲示板のアクセス数は約112,000件。 第二次掲示板のアクセス数は約64,000件。 当掲示板は新たに0からの出発です。



カテゴリ:[ 健康/医療/介護 ]


新着順:87/167


[83] つれづれなるままに…21

投稿者: 正心調息法ネットワーク 投稿日:2020年 5月15日(金)15時03分39秒 KD175132158210.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

SNSの世界ではよく「炎上」が話題になります。
それ以前の「掲示板」が主流の頃にも有りました。
ただその頃は「荒らし」とか言ってたような気もします。
きっかけはそれぞれでしょうが、誰かが指定した掲示板に書き込みが殺到して
収拾がつかなくなり、閉鎖に追い込まれてしまう。

その経験はまだないのですが、掲示板で論争になってしまったことは何回か有ります。

「論争」のテーマで覚えているのは「大断言の唱え方」。
ある男性から下記の話が。

******************
大断言は声に出して読むべきなのに、奥さんは声に出さず、念ずるだけ。
理由を聞くと、講習会で声に出さなくとも良いと言われたからと。
講習会では声に出せと言ってくれなければ困る。
*****************************

たしかに講習会では、言霊なので声に出した方が強い、
でも念ずるだけでも問題ないとお伝えしてます。

その時の私がどう答えたかは忘却の彼方ですが、小さな齟齬が徐々に膨らんで、
けっこう長いやり取りになってしまいました。
その掲示板を見てくれていた女性が止めに入ってくれて、
なんとか収まりましたが、疲れました(苦笑)。

私のスタンスとしては、塩谷博士が明言されていることはそのまま伝える、というのが大前提。
博士ご自身が「唱える」「念ずる」どちらでも可と言われているので、それをお伝えしてます、
と説明すれば論争にはならなかったのでは。と、今さらながら思います。

最初のボタンのかけ違いだったんだと思いますが、苦い思い出の一つ。
その後mixiでもFBでも幾つか経験しましたが、
正直あまり実のあるやり取りにはなりませんので、今はなるべく避けるようにしています。

今日はここまで。

http://www.seishin-chosokuho.net/


新着順:87/167


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.